【総合案内】
【文字サイズ】

初えびす

1月5日は熱田神宮の「初えびす」

「初えびす」は商売繁盛・家内安全・漁業豊漁を祈る祭りで、上知我麻神社、大国主社、事代主社で執り行われます。午前零時の祭典にもかかわらず大勢の参拝者で境内は熱気にあふれ、「えびす」の一番札や「福熊手」を我先に受けようとする様は壮観です。

初えびす
日時 一月五日 午前零時
場所 大国主社・事代主社(上知我麻神社)

初えびすについて

一月五日に行われることから「五日えびす」とも呼ばれ、商売繁盛の福運を願う参拝者で大賑わいとなります。

「えびす」のお札

「えびす」のお札

初えびすで授与される「えびす」のお札とは、「熱田三面大黒」という古図に基づいて描かれたお札で、古くより伝わる熱田独特の絵像です。又、この三面大黒は、えびす様を絵像化した最初期のものとされております。この「一番札」をめざし押し寄せる熱気で境内は溢れかえります。商売の方には「あきないえびす」、お勤めの方には「はたらきえびす」、漁業の方には「とりえびす」があります。※平成28年からはこれらの3種のお札に加え、新らしく「生涯現役 ちからえびす」のお札が授与されます。

初えびすでお札を受けたあと福を逃がさないように、誰とも口をきかず寄り道もせず一目散に帰宅する奇習も伝えられております。

「福熊手・福箕」

「福熊手・福箕」「福熊手・福箕」

初えびすで授与される縁起物の「福熊手(ふくくまで)」と「福箕(ふくみ)」です。
福熊手は大きさが様々ありますので、お祀りする場所に応じてお選び下さい。

福熊手で福をかき寄せ、福箕で福をすくい上げます。どちらも吉兆開運の縁起物として授与されます。

※福熊手と福箕は数に限りがあります。ご予約も承っております。(12月20日まで)
前のページに戻る