【総合案内】
【文字サイズ】

大前挙式

本宮のすぐ近く。尊い場所「大前(おおまえ)」で愛を誓う。

大前挙式について

大前挙式について
大前挙式 本殿のすぐ隣。尊い場所「大前(おおまえ)」で愛を誓う。

本宮大前の西に建つ「祈祷殿」、その一画に造られた「長床」での挙式は、大前の尊い場所で、厳かに進められます。斎主、典儀、雅楽を演奏する伶人、巫子などが心をこめて奉仕。日本古来の式次第に沿って、挙式は粛々と執り行われます。

長床 古より奉納行事が行われていた、特別な場所。

木々のざわめきや杜からの爽やかな風もたっぷりと感じられます。親族40席、友人40席の80名様迄ご参列いただけます。屋外なので、披露宴に招待できなかった方々にもご覧いただけます。

長床
「みつるぎ」の舞 熱田神宮に祀られた「草薙御剣」にちなんだ舞。

熱田神宮のご神体であり、皇位継承のみしるしである三種の神器のひとつ「草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)」。クライマックスの「神楽奉奏」では、その剣にちなんだ「みつるぎ」の舞が巫子によって奉仕されます。

前のページに戻る